AdobeCCの拡張機能はMXPファイルが使えないからCS6で変換した

Category: App, Mac, Windows | Tags: ,
MXPをZMPにコンバート

どうも僕だよ。AdobeCCリリースされましたね。
僕もさっそくインストールしてみたよ。

PsCCのスマートシャープは結構いい感じだし、角丸編集はやっとできるようになったし、イラレCCはCSS書き出ししてくれるし。いいですね。DwCCはSassに正式対応のはずなのに、設定ファイルをいじる方法となにも変わってなくてびっくり。コードカラーリングが残念なことになってます。

そのへんはアップデートで対応してくれないかな〜と願いつつ、新機能はガチャをしながらチェケラするとして、いつも通りの馴染んだ環境にするために拡張機能とかをインストールしようとしてたら。。

mxp選べない( ^ω^)おっおっ
MXPファイルがグレーアウトして選択できません。どうやらCCからMXPファイルは使えなくなったみたいです。
うーむ。Zenが使えないのは困りました。

ZXP形式にコンバート

ということで、MXPをZXP形式に変換してみましょう。
Extension Manager CCではできないのですが、Extension Manager CS6はMXPファイル対応なのでコンバート機能があります。

変換機能
ありましたこれで勝つる。

MXPを選択、変換すると同じディレクトリにZXPファイルができてます。

ZXPにコンバートだん
やったね!さっそくZXPで拡張機能をインストールです。

DwでZen
Zen-Cordiingちゃんと使えました。展開もできます。問題なしです。
早くDw版のEmmetも使いものになってほしい。

コンバートだん
他のもコンバートしてインストールした。
とりあえず、よく使う3つはちゃんとコンバートできました。

しかし、変換できなかったものもあるので全てに対応できる訳ではなさそうです。
どこかでゲットしたスニペットのMXPなどはコンバートできなかったです。
直接CS6のスニペットフォルダからコピーして動くかな?

ということで、MXP形式の拡張機能もコンバートすれば動くかもしれません。
お粗末さまでした。