メニューバーから引っ張り出せる便利な引き出しUnclutter

Category: App, Mac | Tags: , ,
Unclutter

この記事は 俺のメニューバー Advent Calendar 2015 18日目の記事です。

Unclutterは、メニューバー上からジャスチャーで引き下げて呼び出せる便利な引き出しです。
クリップボード・ファイル・ノートを置いておくことができます。

 Unclutter is a new handy place on your desktop for storing notes, files and pasteboard clips.

Unclutter 操作アニメ

Unclutter 使用方法

公式サイトより

起動してメニューバー上から、二本指ジェスチャーで引き下げるとUnclutterウィンドウが降りてきます。

Unclutter インターフェイス

公式サイトより

3つのパネルが並んで現れます。
左からクリップボード、ファイル、ノートが置けます。

設定で順番の入れ替えや、各パネルのオン・オフもできます。
黒いテーマもあるので、黒いメニューバーでも外観を統一できます。

 

クリップボード

Unclutterクリップボード

公式サイトより

クリップボードを自動で保存していきます。
画像やURLもリンクとして保存してくれます。

俺は別のクリップボードツールを使っているので、コピペ用ではあまり使いませんが、お気に入りができたり、コピーしたアプリケーションアイコンなども出るので、備忘録てきな使い方をしてます。

ファイル

Unclutterファイル

公式サイトより

ファイルやフォルダを置いておくことができます。
ここでは実体のある「Unclutter Files」フォルダを見ています。以前紹介した Yoink のような一時置き場ではなくフォルダです。「Show in Folder」でFinderからもアクセスできます。

Unclutter Files メニュー

Unclutter Files フォルダ指定画面

なので、Dropboxなどクラウドドライブを指定すれば、複数マシンで共有することもできます。

Unclutter ファイル操作
ファイルやフォルダを画面上にドロップすればUnclutterウィンドウが下がってきて、ファイルを置くことができます。

オススメな使い方

Unclutter ファイル
俺的にオススメな使い方は、エイリアスを置く。です。
その場所をすぐ開くことができます。

シェルスクリプトとか置いておけばもっと捗りそう。

ノート

Unclutterノート

公式サイトより

ノートをリストで貯めておけます。

扱えるのはプレーンテキストのみ。装飾などはできません。
ノートの中身もシンプルなtxtファイルなので、クラウドドライブで共有することができます。

まとめ

俺のメニューバーには欠かせなくなりました。オススメです。セールのうちに是非。